Java を初めて学ぶ人のための学習サイトです。実用的なコード例でわかりやすく解説しています。
Java 入門Java 入門
Java 開発環境
Java の基本
クラスライブラリ
さらに学ぶ
サイト情報
ホーム > Java 開発環境 > Java とは?

Java とは?

スポンサーリンク

Java は「プログラミング言語」であり、また、「プログラム実行のプラットフォーム」でもあります。

と、さらっと言われてもわかりにくいと思いますので、「プログラミング言語」という部分と 「プログラム実行のプラットフォーム」という面をそれぞれご説明します。

Java はプログラミング言語

Java はオブジェクト指向のプログラミング言語です。

他のオブジェクト指向言語を習得している方はお分かりと思います。プログラミングが始めて、あるいは、 オブジェクト指向というのは良くわからない、という方にはこのサイトで後で説明しますので、そちらをお読みください。

C 言語の「ポインタ」のように、柔軟だけれど危険でわかりにくい、といった要素を排除するなどされています。 Java はわかり易い言語仕様で、学習し易いといわれています。

Java はプログラム実行のプラットフォーム

例えば C 言語でプログラムを書いた場合、それを実行する前にコンパイルという処理があります。 この処理はプログラムが動作するオペレーティングシステムやプロセッサに合わせた処理が行われます。

例えば、「Windows のインテルプロセッサの x586 向けのコードにコンパイル」とか 「Linux の AMD 64 ビット向けのコードにコンパイル」 という風になります。

このため、開発したプログラムは OS やプロセッサが変わればその都度、作り直さなければならないのです。 (互換性があるなどして、同じコードが違うプロセッサ、 OS で動くということはありますが、それぞれの実行環境に合わせるのが基本です)

しかし、Java は違います。

Windows, Mac, Linux, Solaris, ... 等に向けてそれぞれの OS やハードウェア向けに、 まず Java 仮想機械 (バーチャルマシン) が用意されます。仮想機械 = バーチャルマシン = Virtual Machine ということで、 これは Java VM と呼ばれます。

これは何かというと、Java VM が、オペレーティングシステムやプロセッサの違いを全て覆い隠して、 Java がひとつの機械のように振舞うのです。

そして、あなたが Java のプログラムを作るときは Java VM 用に作ります。

すると、Java VM はさまざまなオペレーティングシステムやハードウェア用に用意されていますから、 Java VM さえインストールされていれば、あなたが作ったプログラムは OS やハードウェアの違いに関わらずどこでも動くということになります。

Java の開発思想として、「Write Once, Run Anywhere. (一度書いたら、どこでも動く)」 というのがありますが、 これは Java VM があるからこそ達成できることなのです。

スポンサーリンク
ホーム > Java 開発環境 > Java とは?
小山圭介 著者
小山 圭介
4/15/1973生
米国在住のソフトウェアエンジニア。ITコンサルタント
»プロフィール
スポンサーリンク

© 2010-2013 Keisuke Oyama Java 入門