Java 入門

ホーム > Java の基本 > Java アプレット

Java アプレット

ここでは Java アプレット (アプレット) について説明します。

Java アプレット (Java applet) はウェブページに埋め込んだ形で実行可能なアプリケーションのことです。

HTML ページに関連付けされたアプレットは、HTML や画像などと同じように自動的にダウンロードされて実行され、 特に1990年台後半にインタラクティブなウェブページを実装するのに広く使われました。

その後、JavaVM 自体の配布の問題やら、代替テクノロジ (Java Web Start) の出現などで、当時のような人気はなくなったものの、 環境さえ整えば有効に利用できることに変わりはありません。

ここでは Java アプレットの基本的なポイントについて説明します。

ホーム > Java の基本 > Java アプレット