Java 入門

ホーム > Web アプリケーションの開発 > JSP の事前定義変数 - 暗黙オブジェクト

JSP の事前定義変数 - 暗黙オブジェクト

JSP ページでは、事前定義された変数 (predefined variables) を利用できます。これらは暗黙オブジェクト (implicit objects) と呼ばれていて、 自分で定義しなくても利用できます。

変数説明
request javax.servlet.http.HttpServletRequest HTTP リクエスト
response javax.servlet.http.HttpServletResponse HTTP レスポンス
out javax.servlet.jsp.JspWriter 基本的に PrintWriter のような出力用オブジェクトですが、バッファリング可能とするために JspWriter となっています。
session javax.servlet.http.HttpSession セッション
application javax.servlet.ServletContext getServletContext で取得できる ServletContext です。
config javax.servlet.ServletConfig 設定値を読み取る (see. jspInit)
pageContext javax.servlet.jsp.PageContext request, response, out などの現在のページに関連付くページ属性へのアクセスができる getRequest, getResponse, getOut などのメソッドを持つ。
page Java.lang.Object JSP ページのインスタンスを表す

これらが利用できる仕組みは、次のように _jspService で定義されているからです。

public void _jspService(
     HttpServletRequest request,
     HttpServletResponse response)
     throws IOException, ServletException {

     HttpSession session = request.getSession();

     ...
ホーム > Web アプリケーションの開発 > JSP の事前定義変数 - 暗黙オブジェクト