Java 入門

ホーム > Java の基本 > 文字列 (String)

文字列 (String)

Java の文字列とは?

String は Java で文字列をあらわす基本的なクラスです。基本的な、といってもプリミティブな変数として「文字列」という型があるわけではなく、 Java の標準ライブラリとして String クラスが用意されているということになります。

Java でいう「文字列」は Unicode 文字が並んだものです。文字列の定数は " (二重引用符) で囲みます。例えば Hello と書きたければ、"Hello" のように二重引用符で囲みます。 "Hello" と書いた場合は、H、e、l、l、o という Unicode 文字が連続したものです。

また、Unicode の文字コードを直接指定することもできます。

例えば次のように ☺ 記号を表す \u263A を直接入力することもできます。

public class StringTestApp1 {
  public static void main(String[] args) {
    System.out.println("Hello\u2606");
  }
}

上記の実行結果は次のようになります。

Hello☺

その他、間違いやすいトピックに付いてはこちらにまとめています。

以下は文字列操作のコードとその実行例です。

public class StringTest1 {

     public static void main(String[] args) {

          // 単純な String の出力
          String s1 = "Hello!";

          System.out.println( s1 );

          // char の配列から String を作る
          char[] c = { 'H', 'e', 'l', 'l', 'o', '!' };
          String s2 = new String( c );

          System.out.println( s2 );

          // 文字の結合
          String s3 = s1.concat( s2 );

          System.out.println( s3 );

          // 文字列を結合する時に + 演算子を使う
          System.out.println( s1 + " - " + s2 );

          // 長さ
          System.out.println( s1.length() );

     }

}

実行結果は次のとおりです。

Hello!
Hello!
Hello!Hello!
Hello! - Hello!
6

String の利用例

その他の String の具体的な利用例、特別なトピックはこちらです。

ホーム > Java の基本 > 文字列 (String)