Java 入門

ホーム > クラスライブラリ > コレクション

コレクション

主なコレクションインターフェイス

Java のコレクションインターフェイスは主に次のものが挙げられます。

  • List - 要素が順番に並んだものを扱う
  • Map - キーと値のペアを扱う
  • Queue と Deque - 順番に入れたものを順番に取り出す方式のデータ構造を扱う
  • Set - 順番は問わないが各要素へアクセス可能としたいとき

データ構造についてあまり知らない人は、あまりピンとこないかもしれませんので、不安のある人はデータ構造・アルゴリズムに関する文献等でリスト、キュー・・・などの基本的な考え方を学んでおいてください。

Java のコレクション・クラスライブラリでは、これらのインターフェイスを実装した各種クラスがあり、状況に応じて適切なクラスを利用することが可能です。

具体例をみてみましょう。

状況によって、望ましい実装は変わります。(その詳細はデータ構造・アルゴリズムの教科書を読んでください)

実装は変わっても、概念的に同系統のものであれば、 それを利用する具体的な方法(コード)は統一された方法になる・・・。これがインターフェイスと実装を切り離す利点です。

ホーム > クラスライブラリ > コレクション