Java 入門

ホーム > Java の基本 > 例外処理

例外処理

スポンサーリンク

例外オブジェクト

Java の例外オブジェクトは全て、java.lang.Throwable から派生します。 Error、Exception 等です。

try-catch-finally ブロック

例外処理の形式は次のとおりです。

try {

     // try ブロック

} catch (例外型1 e) {

     // 例外処理

} catch (例外型2 e) {

...

} finally {

     // 常に実行される

}

例外の種類

Java の例外は大きな分類として以下の3種類の例外があります。

例外のタイプ説明スーパークラス処理
必須?
非チェック例外
(unchecked
exception)
実行時例外
(runtime exception)
null の参照や配列のインデックス外アクセスなど、プログラムの不具合に起因する例外。
キャッチする(キャッチしてかき消す?)こともできることはできますが、本来は不具合のほうを直すべきものです。
RuntimeException 任意
エラー
(error)
アプリケーション外部の要因によるシステムエラー (ハードウェアの故障などが原因等) Error 任意
チェック例外
(checked exception)
上記二種類以外の例外。存在しないファイルを読み込もうとした場合の、 java.io.FileNotFoundException 等、通常は正常復帰可能のもの。 上記以外、 Exception 全般 必須
スポンサーリンク
ホーム > Java の基本 > 例外処理