Java 入門

ホーム > ジェネリックス > 名前付けルール

名前付けルール

ジェネリックス型を定義する際に、慣例的に用いられている表記法があるので紹介します。

ジェネリックスのクラス定義をする際には、通常の変数と明確に異なることを示すために、通常は大文字の文字一文字を使います。

例えば、以前の例でしめした Box クラスでは次のように定義していました。

public class Box<T> {

  T o;
  
  public Box(T o){
    this.o = o;
  }
  
  public T get(){
    return o;
  }

}

このように大文字の文字が使われます。

文字意味
E要素 (Java コレクションフレームワークで広く用いられている)
Kキー
N数値
T
V
S, U, V...二番目、三番目の型

どんな文字でもコンパイルは可能ではありますが、変数名の命名にも慣例があってそれを守ることによって、わかりやすいコードを書くことができるわけですから、 なるべく上記のルールを守るとよいでしょう。

ホーム > ジェネリックス > 名前付けルール