Java 入門

ホーム > Java の基本 > プログラムを動かそう

プログラムを動かそう

ここでは Java のプログラムを書くにあたり守らなければならない、基本的な項目についてみていきます。

さっそく、動くコードを基にして Java の基本的なコードをみていきましょう。

public class HelloJava {

     public static void main(String[] args) {

          System.out.println( "Hello, world!" );     
     
     }
     
}

この内容を HelloJava.java というファイル名で保存してください。 ファイル名はそのコードのクラス名で名前をつけます

このプログラムでは、"Hello, world!" という文字を標準出力に出力します。そのために System.out.println というメソッドを呼び出していますが、 よくわからないという方は、ここでは「画面に文字を出すときには System.out.println を使う」 と覚えておけば十分です。

次にコマンドプロンプトを開いて、コマンドラインからコンパイルしてみましょう。

コンパイルコマンドは javac です。javac に対して、次のように HelloJava.java というファイル名を渡します。

成功すれば、何もメッセージは表示されません。これで HelloJava.class というファイルが生成されるはずです。 HelloJava.class はバイトコードを含むプログラムで、これは Java VM 上で実行可能です。

HelloJava.class を実行しましょう。次のように java コマンドに HelloJava というクラス名を渡します。

"Hello, world!" というメッセージが表示され、上記のコードが正しく実行されたことがわかります。

ホーム > Java の基本 > プログラムを動かそう