Java 入門

ホーム > Java の基本 > パッケージ

パッケージ

スポンサーリンク

Java には名前の衝突を避ける仕組みとしてパッケージ (package) があります。

考え方としては、一つのまとまりにまとめるということで、 "給与計算パッケージ" といったパッケージソフトものに近いともいえますが、Java ではディレクトリの単位でソースコードをまとめ上げる単位になります。

パッケージの命名

パッケージは通常次のようなルールで命名します。

  • 全て小文字とする
  • インターネットのドメイン名の逆にしたものをプレフィックスにする
    例. ドメイン名が java.keicode.com ならばプレフィックスは com.keicode.java
  • ただし、ハイフン等の記号、数字始まり、 Java のキーワード (int 等) を含む場合は _ (アンダースコア) をつける
    例. 1foo.com → com._1foo
    hajimete-hawaii.com → com.hajimete_hawaii

パッケージの作成

パッケージ名はソースファイルの一行目に package キーワードを用いて、パッケージ名を指定します。

package パッケージ名;

ソースファイルは次のような規則で配置します。例として当サイトのドメイン java.keicode.com の例では次のようになります。

クラス名com.keicode.java.test.Employee
パスcom\keicode\java\test\Employee.java

このように、com.keicode.java. をプリフィックスとし、それ以降は自分で自由に管理します。

クラスパス

CLASSPATH (クラスパス) 環境変数を設定することによって、 Java のシステムが class ファイルを探すパスの基点を設定することができます。

動作確認のため、自作のパッケージを使って、クラスパスの設定が有効であることも確認できます。 具体例については 「クラスパスの設定・具体例」 を参照してください。

パッケージを利用する

あるパッケージに属するタイプ (型、クラス) はパッケージメンバー (Package Member) といいます。 あるパッケージメンバーを利用するには次の方法があります。

  • 完全修飾名でパッケージメンバーを利用する
    例. com.keicode.java.test.Car のように、パッケージ名のプレフィックスを付ける
  • パッケージメンバーを import する
    例. import com.keicode.java.test.Car;
  • パッケージ全体を import する
    例. import com.keicode.java.test.*;
スポンサーリンク
ホーム > Java の基本 > パッケージ