Java 入門

ホーム > Web アプリケーションの開発 > Web アプリケーションの動作確認 (Tomcat プロジェクト)

Web アプリケーションの動作確認 (Tomcat プロジェクト)

ここでは Tomcat プロジェクトを作成し、簡単な JSP とサーブレットを動かすことによって、 開発環境が正しく構成されていることを確認しましょう。

Tomcat プロジェクトの作成

File メニューの New - Project を選択して、新しい Tomcat プロジェクトを作成します。

プロジェクトの名前はここでは、tomcattest1 にします。

終了 (Finish) をクリックすると、Tomcat プロジェクトが作成されます。

簡単な JSP の作成

まずは JSP ファイルの動作確認を行います。

プロジェクトのルートにファイルを新規作成します。ファイル名を test1.jsp とします。

Eclipse の画面から、ファイルが正しく作成されていることがわかります。

test1.jsp を次のように編集します。

<html>
<body>
<p>
Hello, JSP! <%= new java.util.Date() %>
</p>
</body>
</html>

Tomcat が開始していなければ開始します。Sysdeo プラグインをインストールしていれば、ツールバーの Tomcat 開始ボタンをクリックすれば Tomcat が起動するはずです。

ブラウザから http://localhost:8080/tomcattest1/test1.jsp にアクセスし、次のように表示されれば OK です。

java.util.Date() メソッドを呼出した箇所が確かに時刻を表しており、Java のコードが実行されたことがわかります。

簡単なサーブレット (Servlet) の作成

次に簡単なサーブレットを作成し、サーブレットの動作確認を行います。

サーブレットは Java の class ファイルとして作成します。 場所は WEB-INF/src 以下です。

クラス名は ServletTest1 としています。 サーブレットするために、javax.servlet.http.HttpServlet から派生します。

java ファイルが作成されたことがわかります。

しかし、警告が表示されています。クラス名 ServletTest1 にポインタを合わせると、 コンテキストメニューが表示され、この警告に対するアクションが選択可能になります。

@SuppressWarning を選択して、警告を消しておきましょう。

続いて、クラス定義内にカレットがある状態で Ctrl+スペース キーを押すと、 Eclipse の入力支援機能によってメニューが表示されます。

ここでは doGet メソッドを選択します。

次のようにコードを完成させます。

package com.keicode.java.test;

import java.io.IOException;
import java.io.PrintWriter;
import javax.servlet.ServletException;
import javax.servlet.http.HttpServlet;
import javax.servlet.http.HttpServletRequest;
import javax.servlet.http.HttpServletResponse;

@SuppressWarnings("serial")
public class ServletTest1 extends HttpServlet {

     protected void doGet(
          HttpServletRequest req, 
          HttpServletResponse resp)
               throws ServletException, IOException {
          
          PrintWriter w = resp.getWriter();
          w.println("Hello, Servlet!");
          
     }
     
}

WEB-INF/web.xml を作成します。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE web-app
     PUBLIC "-//Sun Microsystems, Inc.//DTD Web Application 2.3//EN"
     "http://java.sun.com/dtd/web-app_2_3.dtd">
<web-app>
   <servlet>
        <servlet-name>servlettest1</servlet-name>
        <servlet-class>com.keicode.java.test.ServletTest1</servlet-class>
   </servlet>
   <servlet-mapping>
     <servlet-name>servlettest1</servlet-name>
     <url-pattern>/servlettest1</url-pattern>
   </servlet-mapping>t
</web-app>

ブラウザから http://localhost:8080/tomcattest1/servlettest1 にアクセスして、次のように表示されれば OK です。

ホーム > Web アプリケーションの開発 > Web アプリケーションの動作確認 (Tomcat プロジェクト)