Java 入門

ホーム > Swing による GUI > フレームの基本的な設定 - Swing

フレームの基本的な設定 - Swing

フレームの位置を設定

ウィンドウの位置を明示的に指定しないと、座標原点 (通常画面左上部) にフレームが表示されます。 フレームの場所を指定するには、setLocation で座標を指定します。

setLocation( x, y );

あるいは、利用しているそれぞれの環境 (ウィンドウイング・システム) に、 適切な位置に表示するよう任せることもできます。

setLocationByPlatform( true );

タイトルの設定

フレームのタイトルの設定、取得はそれぞれ、setTitle、 getTitle で行います。

setTitle( "Hello, Swing!" );

アイコンの設定

アイコンを設定するには、Toolkit を利用して次のようにします。

Toolkit tk = Toolkit.getDefaultToolkit();
Image img = tk.getImage( "icon1.gif" );
setIconImage( img );

Toolkit はネイティブ・ウィンドウイング・システムとの便利なインターフェイスを提供する各種メソッドを実装しています。

サンプルコード

それでは、上記の項目を全てまとめてテストプログラムを書いてみましょう。

import java.awt.*;
import javax.swing.*;

public class SwingTestApp1 {

     public static void main(String[] args) {

          EventQueue.invokeLater( new Runnable() {

               public void run() {

                    JFrame frame = new JFrame();
                    frame.setSize( 300, 200 );
                    frame.setDefaultCloseOperation( JFrame.EXIT_ON_CLOSE );

                    // 場所
                    frame.setLocationByPlatform( true );

                    // タイトル
                    frame.setTitle( "Hello, Swing!" );

                    // アイコン
                    Toolkit tk = Toolkit.getDefaultToolkit();
                    Image img = tk.getImage( "icon1.gif" );
                    frame.setIconImage( img );

                    frame.setVisible(true);

               }
          } );

     }

}

ホーム > Swing による GUI > フレームの基本的な設定 - Swing