Java 入門

ホーム > Swing による GUI > トップレベルコンテナ

トップレベルコンテナ

GUI コンポーネントを表示するためには、 これらのコンテナをトップレベルコンテナ (Top-Level Hierarchy) とする、 「包含階層」 (containment hierarchy、コンテインメント・ハイアラーキー) にコンポーネントをツリー上にぶら下げないといけません。

またトップレベルコンテナには、コンテントペインの外にメニューバーを設置できます。

Swing では次の三つの基本的なトップレベルコンテナが用意されています。

  • JFrame
  • JDialog
  • JApplet

Swing ベースの GUI アプリケーションでは、これらのどれかをルートとするツリー構造を少なくともひとつ含みます。

具体的に見てみましょう。トップレベルコンテナである JFrame の場合は次のようになります。

画面にラベルやテキストボックス等のコンポーネントを表示する為に使われるのは、コンテント・ペイン (Content Pane) です。 コンテントペインにコンポーネントを追加 (add) することによって、GUI にコンポーネントが表示されます。

JFrame からコンテントペインにアクセスする為には、getContentPane メソッドを使います。 getContentPane メソッドでコンテント・ペインを取得し、その add メソッドを用いてコンポーネントを追加します。 しかし、Java SE 5.0 以降は JFrame 自身の add メソッドでコンポーネントを追加しても、コンテントペインにコンポーネントが追加されるようになっています。

ホーム > Swing による GUI > トップレベルコンテナ